AGA 原因

男性型脱毛症は喫煙(たばこ)がAGAや薄毛の原因になることがある

喫煙(タバコ)がハゲや薄毛、AGAの要因になるということが言われている。

 

たばこを吸うことでのデメリットは数多く報告されており、その代表的なものが、

 


チェック!たばこがもたらす病気

  • ガン(肝臓/子宮/口頭/肺/腎臓/乳/膀胱/前立腺)
  • 心筋梗塞、脳梗塞(脳卒中)/大動脈瘤/狭心症/不整脈/動脈硬化
  • 胃潰瘍/十二指腸潰瘍
  • 糖尿病
  • 歯周病(歯槽膿漏)
  • 味覚障害
  • COPD肺気腫/慢性気管支炎/喘息

 

どがあるが、喫煙による脱毛(薄毛、抜け毛、禿げ)などを促進させたりするという悪影響はあまり知られていないようである。

 

そもそも、一般的には直接AGAなどの脱毛症に関係がないと思われている喫煙!そのどこに薄毛になるメカニズムがあるのかを知ることにより、現在、男性型脱毛症の治療をしながら煙草も吸っているという方に注意喚起となるであろうと思う。

 

たばこの喫煙は、AGAの大敵とされている「男性ホルモン」を煙草を吸っていないときに比べて30%〜40%増やしてしまうのである。

 

また喫煙はジヒドロテストロンを急激に増加させてしまう。ジヒドロテストロンというのはテストステロンが喫煙によりジヒドロテストロンに変化したものをいう。

 

テストステロンは男性の体毛、ヒゲ、頭髪などを育てるホルモンなのだが、喫煙によって急激にジヒドロテストロンに変化することにより、なんと!脱毛作用が活発化するという諸刃の剣的なホルモンなのである。

 

以前にもご紹介した毛母頭などに存在する5αリダクターゼが、男性ホルモンと結合してジヒドロテストロンに変化するので、喫煙はできるなら極力控えるか、AGAの治療を本気で考えているのなら今すぐ禁煙しましょう。

 

 

●関連記事
男性ホルモンにより変化したDHTがヘアサイクルの乱れが髪の成長を抑制する

 

喫煙によるAGAの促進!そのほかの理由

喫煙によるAGAの促進は、ジヒドロテストロンだけが要因でななく、そのほかにも様々な理由が存在する。

 

たばこを吸うときに体内に取り込む有害物質は以下の通りである。

 

・ニコチン
・一酸化炭素
・アセトン
・ブタン
・カドミウム
・トルエン

 

ここでは書ききれないが、科学研究所の調査では。たばこの煙の中には4,000種類以上の有害物質が含まれており、さらに発がん性物質は70種類以上あると報告されている。

 

さて、これら有害物質がどのようにAGAに悪影響を及ぼすかだが、まず頭皮の血行不良である。ニコチン摂取で毛細血管がさらに狭められ、血圧が上昇して血液のめぐりが悪くなり、発毛に必要な栄養分の運搬が妨げられること。毎日2〜3箱も煙草を吸うヘビースモーカーほどAGA発症のリスクは高まってしまう。

 

次にビタミンCが破壊されてしまうことである。

 

ビタミンCには様々な働きがあるが、とくにAGAに関しての代表的な作用は、食べ物の中からビタミンEの体内摂取を促進する働きである。

 

ビタミンEは血液のめぐりを活発化させる性質があり、喫煙でビタミンCが破壊されることでビタミンEの摂取量が激減する!おのずと血流不足で発毛養分が毛母頭などに運ばれることを阻害する。

禁煙すればAGAが改善し発毛するのか?

禁煙すればAGAが改善し発毛するのか?

たしかに禁煙することでAGAの発生要因は抑制することができますが、喫煙のその他の問題としてストレスの発生が考えられます。

 

いままでたばこを吸っていた方が、急に禁煙をするとイライラしたり落ち着きがなくなりストレスが溜まりやすくなります。

 

このストレスが要因で起こる脱毛もあることも念頭に置いておくとよいでしょう。

 

すべては発毛に必要な栄養分を届けるための血流が滞るところに問題があります。

 

まず、毛髪に栄養分を届けるサポートをする「亜鉛」が、ストレスを感じると急激に消耗されることです。もちろん血流阻害で脱毛やAGAの原因に。

 

次にストレスが発生すると自律神経失調症(女性で言えば更年期障害)になりやすく、AGA以外にも円形脱毛症、びまん性脱毛症などを発症します。

 

なので、自律神経を侵されると女性でも男性ホルモンが増加し、抜け毛が増えることになります。

 

もちろん禁煙だけがストレス発生の要因ではありませんが、AGA治療をやろうかどうか考えている方は家庭的、社会的ストレスの発散も考慮に入れて治療に取り組みましょう。

まとめ

・喫煙をすると男性ホルモンが大きく増加することで抜け毛や薄毛になる可能性が大きくなる。

 

・禁煙をするなら急激に行うのではなく、AGA治療と同時に禁煙外来などを受信し、ストレスなく禁煙できるように医師のアドバイスを仰ぐ。

 

・AGAの発症要因であるストレスは禁煙以外でも発生するので、家庭的、社会的ストレスを発生させないよう心がけることも重要である。

aga病院ランキング